SOCIAL

ともだちのおとうと

Sep 24, 2017

なんだか美容以外で日常の〇〇しましたみたいなことは

久しく書いていない気がしますが

そんなこともアップしようと思います。

 

(最近新しいスタッフの子が入って、
”もっと静香さんの発信量をアップしたい”と企画を上げてくれているので、、まずは自分で、、笑)

 

 

写真を撮ることをいつもすっかり忘れてしまうけれども

必ず思い出を残してくれる高山都ちゃんと。

 

勝地涼さんと笠原秀幸さんの二人舞台、「ともだちのおとうと」第一回講演 『宇宙船ドリーム号』を観に行きました。

作・演出 石井裕也 さん。

 

とても、笑いました。

そして笑うだけではなく、心が動いて。

 

近未来を舞台にした作品とのことで、

結構難しい??ハテナが残りながらも美しい作品なのかしら??と思いながら伺ったのですが、

すごく、わかりやすかった。

わかりやすかったというのは、単純ということではなくて、誰もが大人になるにつれて、疑問に思ってたこと、もどかしいと思っていたことを、セリフにしてくれているような作品。

 

そして笑いも終始散りばめられて、感情が忙しかった。(笑)

本当に吹き出したのは、宇宙人が釣られるところです。

これはもう文字にできないので劇場で観てください。

 

 

勝地さんのおにいさんのおともだちが笠原さんで、小学生からのご縁だそう。

出会って20年たって、「こんなことしたい」という夢を石井監督に語った時に

あっそう頑張ってね、ではなく「その想いを大人が形にしないで誰がする」と立ち上がってくださったそうです。

 

世の中に出て行くものというのは、そういう想い、ご縁が全てだと思う。

世に出るだけじゃなく、残って行くものというか、続くものというか。良いものというか。

 

美容と演技は、全然違うジャンルではあるけれど

”本当に伝えたいことを、得意なことを入り口にして、どうわかりやすく、時代に合わせて届けるか”なんだなぁとしみじみ、思って。

 

 

東京芸術劇場 シアターにて、10月1日 まで。

良い良い時間でした。

 

uchu-dream.com

この記事をシェアする

1 2 3 4