SOCIAL

家に、居場所を見つけるということ

Dec 20, 2016

この間のお休みに

主人と車に乗っていたら、

ちょうどひとつ前に住んでいた家の近くを通ったので

「ちょっと見てみる?」ということになった

よく通った交差点、おいしいお魚を食べられるご飯屋さん、そこの角を曲がって、、

とても懐かしくて

あぁあの家、好きだったなぁという気持ちでいっぱいになった

 

 

今の家に引っ越したときは、相当な覚悟と決意と力を出したので

周りの友人はみな自分の出来事のように話してくれる(笑)

DRESSのコラムにもなったので、引っ越ししましたよね、と色々な方に覚えていただいていた

 

 

実は、

引っ越したての時、この家、、好きなの?

と疑問に思った瞬間があったのです。

これは、色々わーわー言って引っ越したのに、まずいなーと(笑)

あんなに探して、動いて、家が好きじゃないかもって、あなた!と友人には笑われ驚かれ、理由は!?と聞いてくれて

 

理由はいろいろ、日当たりが前の家が良すぎたとか、住んでいる人が前より多いとか、そういうことなんだけれど、なんだか落ち着かない。常に綺麗にしているのに、なんだか綺麗にし足りない。

そういう感覚が、数週間あった。

 

 

img_9968.jpg

 

それで最近はというと、好きなのです。

落ち着くように、なったの。

それは、ドレッサーをベッドルームに移動してテイストを揃えたり、

カーテンを代官山蚤の市で購入した、アンティークのものを大切に吊るしてみたり、

緑を室内にもいっぱい増やして深呼吸できるようにしたり、

と、インテリア的なこともあるのだけれど、

温かみが増えたというか。人間味が増えたというか。

ストーリーがあるものが増えてきた(好きな場所で見つけた大切なものや思い出の品や)

 

 

引っ越したては、ほとんど物をおかないようにしていたのだけれど

そうすると、建築!という無機質なものの中にいる気分が拭えなかった。

前は3階建てのマンションに住んでいたし、その前は実家の一軒家だったので、いつもちいさなコミュニティということが安心感をくれて。今のマンションは、高層ではないけれども、いっぱい敷地内に建物があるから、人!!!建物!!!!あーーー!!深呼吸させて!という気分になったのだと思う。

 

東京に住んでいるって、深呼吸が必要でしょう。

人が多すぎるもの。

 

 

そこで考えたのは、もう引っ越す、ではなく、部屋を居心地よくするにはどうしたらいいんだろう、ということ。インテリアが最高の友人に聞きまわっては、試し、家に遊びに来てくれるセンスの良い友人には、家具の配置を変えてもらった。これがすごいのよ!考えたこともないような斬新な配置にしてくれるのだけれど、(なんで最初からそこになかった?!)と驚くほど、はまるんだよね。

 

 

そして、家にいる時間を増やした。

引っ越したては、すぐ外に出ていた。より中心部に3駅ほど移動したので、歩くと好きな街にすぐ行ける。

外食の割合も増えた。でもそうすると、深呼吸したくなる。(笑)

だから、この部屋を、好きな空間にもっと近づけようと。=自然を感じたいほっこりしたい、その気持ちをこの建築にどう入れようかと、試行錯誤した。おうちご飯も、前と同じぐらいの頻度にもどった。

 

結果、今とても居心地が良いのです。

 

 

数日前

大好きな白洲次郎さんのおうち(今はミュージアムとして公開中)の、武相荘に行った。

農家を30年かけて改装した、光と緑に包まれた、最高のほっこり、こだわり。

そこに、白州さんの言葉があった。

 

三十年かけて、少しずつ直し、今もまだ直し続けている。

住居とはそうしたものなので、これでいい、と満足するときはない。
綿密な計画を立てて、設計してみた所で、住んでみれば何かと不自由なことが出て来る。

さりとてあまり便利に、ぬけ目なく作りすぎても、

人間が建築に左右されることになり、

そういう窮屈な生活が嫌いなのである。

 

ふっと、

心がまとまった。

 

建築に縛られずに、その時に合わせて変えていく。

あぁそうだ。そうなんだって。

 

 

 

 

そしてその帰り、前住んでいた家を車で通った。

懐かしい道、大好きだった家。

よく通った交差点、おいしいお魚を食べられるご飯屋さん、そこの角を曲がって、、

家の前に来た瞬間に、(あれ?)と不思議な気持ちになった。

 

もう、そこに居場所がないと、感じたから。

 

横にいた主人もそうだったらしい。角を曲がる瞬間まで、前の家が良かったというきゅーっとした気持ちになると思っていたけれど、違った。

 

 

 

わたしの居場所は、今ここ、新しい家にある。

 

次に引っ越す時は、見方がまた変わるでしょう。

建物だけじゃない

人、自分で

家を居心地の良いものにしていくんだ。

 

この記事をシェアする

1 2