biishiki

SOCIAL

Night Out Beauty :Little Black × 赤リップ × Swarovski Ear Hook

Nov 28, 2017

 

eMu Art & Design jewelryさんとコラボレーション。

プライベートな時間をジュエリーとメイクの切り口からご提案します。

2シーン目は、夜のパーティー。

 

私は、ドレスは大胆派です!

髪を凝らなくても、メイクをしてもらいに行かなくても、ちょっとのポイントを加えれば変身できる!そのためには、ドレスとアクセサリーに”少しドキドキする”ぐらいの大胆さをプラスするの。

  

このドレスは、首元から後ろは背中までレース。

露出をたくさんしなくちゃ、ではなくて、普段は着ないぐらいの”自分らしい大胆さ”でいい。そうしたら、あとは赤リップ。

 

 

これもまた、普段はつけないぐらいの”どきどきする赤”でいい。

真っ赤にしなくてもいい。

わたしは少し、オレンジが入っているようなヘルシーな赤。

でも日常ではのせない赤。

 

 

そして跳ね上げのアイラインは外せない。

 

 

ラメが入っていれば、長くしても、シャドウの延長のように楽しめる。

リキッドでも良いし、ペンシルを細く削って引いてもいい。

どちらも主役的存在になるので、ポーチにも入れて一緒にお出かけして、鏡を見るタイミングで綺麗にお直し。

 

 

 

使ったアイテムはこちら。

「アルマーニ リップマエストロ 405」

「THREE メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 10」

 

そして右に並ぶのはボディアイテムたち。

ドレスアップする時はお肌も磨きます。

お出かけ前のシャワータイムに

「メルヴィータ ロゼエクストラ オイルイン ウォッシュスクラブ」

肌を生まれ変わらせたあとには、さらさらのオイルを。そしてドレスを纏ったあとに

 

 

「バーバリー フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース」

ハイライトベースを、ボディに塗っちゃう。

輝きを全身に。

 

 

そして合わせるジュエリーはこちら

eMuさんのメッセージ

「二次会の夜のパーティーで少し上級なコーディネートを。アルマーニの赤いリップに合わせて真紅のスワロフスキーのイヤーフックで、横顔が一層艶めきます。

リングは敢えて柔らかい丸パールをチョイス。」

 

お洋服とメイクと同じく、ジュエリーにも大胆さを。

わたしは、eMu jewelryをよくパーティーシーンに選んでいます。

特にこのイヤーフックは、横顔をドレスアップしてくれる。

大きいのに全く重くなくて、耳を挟まないので痛くない。

心地よいドレスアップをして、パーティーシーンを楽しんで。

 

 

・jewelry design: eMu Art & Design jewelry

・hair styling and  make up: La belta

・photoshoot: moment photo studio

・beauty produce:Shizuka Okamoto

この記事をシェアする

1 2 3 4 5 9