biishiki

SOCIAL

Kimono Beauty :Kimono × ポップメイク × Headpiece

Dec 09, 2017

ハワイから無事日本帰国いたしました!

帰ってきたら早速、MOREの連載のラストスパートや、biishikiのこと、本の撮影準備など、今年の終わりなのかもはや来年の始まりなのか、というこゆい毎日が始まっております。

一緒に作ってくれている皆んなの愛情を感じて、ありがとうで溢れている日々です。

 

eMu Art & Design jewelryさんとのコラボレーション、見たよ〜というお声がけをたくさん頂いて、嬉しい!お仕事以外で作品撮りをしたのはもう何年振りだろうか、学生ぶりな気がします。

そのぐらい、emu jewelryの世界観の魅力を伝えたかったし、お洋服とメイクとアクセサリーのバランスで遊んだり輝いたりできることをお届けしたかったのです。

今日はラストの3シーン目

お着物ビューティーです。

 

 

お着物を着ると、背筋が伸びる、日本に生まれて良かったと思う。

ただ格式が高いイメージは拭えなくて、決まりも多いし、美しく着るにはお時間もかかる。
それでも。やはり着たい。それがお着物だと思います。

私も20歳成人式ぶりでした。

今回、着付けやメイクアップをされているLa beltaさんに素敵な着物スタイルをご提案いただきました。淡いパープルのお着物は、シックにまとめて。

 

でも合わせるメイクは、

 

 

POPに♡

普段通り、もはやもっと遊んで良いんです!とメイクのkeicoさんがおっしゃっていました。

そう、お着物が遠い存在ではなく、喜んで着たくなる身近なものになってくれるように。

 

 

ピンクとブルーのアイシャドウをまぶたに。アイスキャンディーのように♡

目頭にブルー!目尻にピンク!

カラーに目がいくように、アイラインはきわギリギリにこっそり入れました

 

 

チークはバーバリーのシックなカラーを。(日本撤退が悲しすぎる。なくなる前にぜひ!良い商品ばかり!!)

コスメ自体に繊細な柄が描いてあり、お着物の日に持ち歩くなるようなアイテムを選びました。今日はこんな装いだからこんなコスメを持ち歩きたい!と私はバッグのようにコスメを選びます。

 

 

お着物らしさ、クラシックさも入れたくて、眉は凛と描きました。

カーブをあまりつけず、直線気味に。

 

使ったアイテムたちはこちら。
ADDICTIONの新作パウダーは、ふわっと旬な質感。
和のクラシックさに、ファッション性も足したかったから選んだパウダーです。

 

 

 

 

そしてジュエリーは2パターンのご提案。

eMu Art & Design jewelryの手作り、オリジナル。

華奢なアクセサリーたちも魅力的ですが、大振りのイヤーカフやヘッドピースが、アートを纏っている気分に。

気分が最高に高揚するジュエリーです。

emuさん「淡いグレーの着物のアップスタイルに、さりげなく合わせたK18のフープピアスと、グラスフラワーの簪。異素材感をプラスしつつ、気品のある演出で着る新しいお着物のスタイルです。」

 

 

こちらはイヤーカフ。

emuさん「花の一輪一輪を、ワイヤーを編んで作られるグラスフラワー。可愛くなりがちな髪飾りも、イヤーフックにする事でエレガントにまとまります。」

 

お着物をいわゆるお着物らしく、着なくちゃと緊張しなくてもいい。

肩の力を抜いて、わたしらしい着こなしを。

そして、素敵な日には、素敵なジュエリーを。

普段からお伝えしたかったことを皆んなで写真に納めたプロジェクトでした。

お楽しみいただけましたら、幸いです♡

 

 

・jewelry design: eMu Art & Design jewelry

・hair styling and  make up: La belta

・photoshoot: moment photo studio

・beauty produce:Shizuka Okamoto

この記事をシェアする